×

ダストレス塗装ケレンツール

素地調整前後の比較 参考見本写真

SSPC規格と他の規格の比較

SSPCは、米国で唯一、コンクリートや鋼鉄等の表面や産業・海上構造物の塗装による維持・保護について特化した非営利組織で、米国で一般的な素地調整の規格を定めている機関です。また、素地調整の規格だけでなく、素地調整や塗装技術、労働安全についての最新の情報も提供しています。

SSPC規格と他の素地調整規格の比較

国際標準化機構
ISO 8501-1
アメリカ
SSPC
(ブラスト)
アメリカ
SSPC
(パワーツール(動力工具)/
ハンドツール(手工具))
日本での一般呼称 日本造船研究協会
SPSS
サンドグリッド
日本造船研究協会
SPSS
ショット
除錆率
Sa3 SP-5
ホワイトメタルブラスト
―― 1種ケレン Sd3 Sh3 99%以上
Sa2 1/2 SP-10
ニアホワイトブラスト
SP-11(パワーツール/動力工具)
SP-15(パワーツール/動力工具)
Sd2 Sh2 95%以上
Sa2 SP-6
コマーシャルブラスト
―― Sd1 Sh1 67%以上
Sa1 SP-7
ブラッシュオフブラスト
―― ―― SS ―― ――
St3 ―― SP-3(パワーツール/動力工具) 2種ケレン Pt3 ―― ――
St2 ―― SP-2(ハンドツール/手工具) 3種ケレン Pt2 ―― ――

※SSPCでのブラストとパワーツールの相応参考
SP-11の除錆度:
拡大鏡なしで全ての表面の目視できる油、グリース、汚れ、ミルスケール、サビ、塗料、酸化物、腐食生成物等が完全に除去されている状態。過去に表面がピッチング処理されている場合は、サビ、塗料のわずかの残滓がピットのくぼみに残ることは許容される。素地表面粗度は25μm以上のこと。SP-11は、ブラスト工法のSP-10(ニアーホワイト)またはSP-6(コマーシャルブラスト)に相当。

SP-5(ホワイトメタルブラスト)の除錆度:
拡大鏡なしで表面の全ての目視できる油、グリース、汚れ、ミルスケール、サビ、塗料、酸化物、腐食生成物等が完全に除去されている状態。

SP-10(ニアーホワイトブラスト)の除錆度:
拡大鏡なしで表面の95%以上で目視できる油、グリース、汚れ、ミルスケール、サビ、塗料、酸化物、腐食生成物等が完全に除去されている状態。5%未満での汚れは表面全体に広く分散している状態。

SP-6(コマーシャルブラスト)の除錆度:
拡大鏡なしで表面の67%以上で目視できる油、グリース、汚れ、ミルスケール、サビ、塗料、酸化物、腐食生成物等が完全に除去されている状態。33%未満での程度の軽いShadow、筋、サビに起因する汚れによる変色、ミルスケールによる変色や以前の塗装に起因する汚れは許容される。

パワーツールによる素地調整前と後の写真

パワーツールでSP-11グレードまで素地調整を実施した表面の見本写真のご紹介です。
SSPCの見本写真帖はこちらで購入可能です。

※SSPCの見本写真とは厳密な色合いが少し異なります。

  金属表面A
表面が固着性のミルスケールで完全に覆われている。
目視できるサビはほとんどない状態。
金属表面B
表面がミルスケールとサビにおおわれている状態。
金属表面C
表面が完全にサビにおおわれている状態。
目視できるピッチングはほとんどない状態。
調整前 パワーツール調整前A SP-11 パワーツール調整前B SP-11 パワーツール調整前C SP-11
調整後
SP-11
パワーツール調整後A SP-11 パワーツール調整後B SP-11 パワーツール調整後C SP-11

ブラストによる素地調整前と後の写真

ブラストによる素地調整の見本写真のご紹介です。
SSPCの見本写真帖はこちらで購入可能です。

  金属表面A
表面が固着性のミルスケールで完全に覆われている。
目視できるサビはほとんどない状態。
金属表面B
表面がミルスケールとサビにおおわれている状態。
金属表面C
表面が完全にサビにおおわれている状態。
目視できるピッチングはほとんどない状態。
調整前 ブラスト調整前A ブラスト調整前B ブラスト調整前C
調整後
SP-5
ブラスト調整後A SP-5 ブラスト調整後B SP-5 ブラスト調整後C SP-5
調整後
SP-10
ブラスト調整後A SP-10 ブラスト調整後B SP-10 ブラスト調整後C SP-10
調整後
SP-6
NA
ミルスケール跡は33%以下の面積で、
SP-10の除錆度見本に近づける努力が期待される。
ブラスト調整後B SP-6 ブラスト調整後C SP-6

お問い合わせ