紫外線硬化FRPシート ソーラーパッチ 補修事例

 

 

紫外線硬化FRPシート  ソーラーパッチは、ガラス繊維に樹脂を含侵させた紫外線硬化FRPシートです。

紫外線硬化FRPシート  ソーラーパッチを使った補修事例をご紹介します。

補修事例1  冷却水配管の補修

配管種類:冷却水配管

配管経:150A

圧力:0.25 Mpa

補修箇所:配管支持架台と接触している配管底部から上部

腐食状況
全肉損壊箇所の範囲: 配管長手 100mm  x  円周 50 mm
腐食減肉範囲:配管長手 350 mm x  円周 350 mm

補修の流れ

  1.  送水を停止。完全には止水できず、水がしたたり落ちる状況。
  2.  ケレン(1種に近いレベル)
  3.  パテを塗布し減肉部の不陸調整
  4.  当て板(鋼板)を当て、バンドで締めてパテを硬化させるとともに当て板を固着させる
  5.  硬化後、当て板をケレン
  6.  ソーラーシール(プライマー)の塗布
  7.  紫外線硬化FRPシート ソーラーパッチの張り付け
  8.  紫外線ライトを照射し硬化させる
  9.  紫外線硬化FRPシート ソーラーパッチの表面フィルムをはがす
  10.  6~9をさらに2度繰り返し、ソーラーパッチを合計2層にする