ロールグリスR550

風力発電所からの緊急レスキュー用

概要

ロールグリスは、風力発電所や送電鉄塔、商業施設などの高所からの緊急レスキューを迅速に行うための製品です。

一般的に、高所からの救助の際は、リフトやバケット等を使用します。しかし、リフトやバケットのない高所からの救助は、非常に困難です。また、救助を必要とする状況では、時間が生死を分けます。一刻を争う状況下で、数十分もレスキュー隊の到着を待つことはできません。

当ロールグリスは、救助が困難で一刻を争う状況において活躍する製品です。

作業者の方でも要救助者を降下させることが出来るように、軽量でコンパクトな大変扱いやすいデザインと、わかりやすい操作方法が最大の特長で、要救助者をロープ先端のフックに接続し、降下させます。降下速度は自動的に調整されるため、操作がいりません。


ロールグリスR550の紹介動画1


ロールグリスR550の紹介動画2


1名(59~141㎏まで)の要救助者を降ろす場合は最大で500mの高所から、2名(59~282㎏まで)の要救助者を降ろす場合は175mから降下させることが可能です。

ロープは、9.5㎜のポリアミドスタティックカーンマントルロープを使用し、ロープの両端にはフックがあり、どちらのフックを使用しても降下が可能。
※カーンマントルロープは、元々登山や山岳救助で使われていました。現在は様々な救助用のロープとして使用されています。

当システムは、世界各地の風力発電所をはじめ、送電鉄塔や消防署などで保管・使用されています。


使用例

  • 風力発電所の建設、メンテナンス
  • 送電、無線鉄塔
  • 消防、レスキュー隊
  • 商業施設の建設
  • メンテナンス/修理施設
  • 政府や軍事関係機関

特徴

  • 高所からの緊急救助に使用
  • 操作が簡単
  • 軽量、コンパクトなので持ち運びが楽
  • 降下速度が自動的にコントロールされる(1人の場合0.6~0.9m/秒、2人の場合0.6~1.2m/秒)ので、ユーザーが操作する必要なし
  • 付属のホイールで、巻き上げも可能。要救助者が接続している墜落防止システムから取り外す際に使用

使用人数使用荷重1回あたりの最長降下距離降下可能回数最長降下距離(1回あたりの最長降下距離×最大降下数)
2人59~282㎏
175m2回350m
1人
59~141㎏500m11回5500m
1人
59~100㎏500m16回7755m
1人
59~75㎏500m22回11000m

仕様

使用荷重
1名:59~141㎏、2名:59~282㎏
ロープ長10~300m
重量2.8~19.3㎏
ロープ9.5㎜のポリアミドスタティックカーンマントルロープ
降下速度1人:0.6~0.9m/秒、2人:0.6~1.2m/秒
適合規格(米国、カナダ)OSHA 1910.66, OSHA 1926.502, ANSI Z359.4、CSA Z259.2.3 - 12
Type 1A
材質
ハウジング、プーリー:アルミニウム合金、
アンカー:ステンレス鋼
※ロープ長は500mまであります。お問い合わせください。