各種支柱の地際の腐食減肉部の強度回復 ReinforceKit Beam(リインフォースキット ビーム)

フランス国有鉄道SNCFとの共同開発製品

 特長

  • 腐食が進んだ支柱の地際の強度回復
  • 短い施工時間:約4時間(一例)
  • 支柱の個別の形状に応じた強度解析/設計
  • 最大80%までの腐食減肉に対応
  • フランス国有鉄道SNCFの架線柱で1,000本を越える施工実績
  • フランス国有鉄道SNCFとの共同開発製品

 

 

 

ダウンロード

ReinforceKit Beamカタログ PDFファイル ダウンロード

3X Engineering社製品 全カタログ PDFファイル ダウンロード

各種支柱の地際の腐食減肉部の強度回復 事例

■状況

  • 欠陥:電柱のサポート部、80%の腐食
  • 顧客:フランス国有鉄道SNCF

 

■概要

南フランスの鉄道架線柱15本の腐食の補修。架線柱は50年経過。

 

■施工範囲

有限要素解析(FEA:Finite Elements Analysis)を実施。

補強を行うために、架線柱周囲の水分除去、植生の除去を実施。

 

■補強工事

  1. サンドブラストでケレン。60ミクロンの表面プロフィール
  2. パテでコンクリートと架線柱の間のすき間を埋める
  3. 架線柱に入れ込むステンレスを準備し、入れ込む
  4. アラミド繊維を高機能樹脂を使って巻き付ける
  5. 紫外線対策のために、塗装する

 

■結果

電車の運行を止めずに工事を完了した。

 


 


 

その他の製品

StopKit(ストップキット)

StopKit(ストップキット)

 

オイル、ガス、水といった多様な配管の緊急時の漏れ止め、噴出止め、気密補修用途に開発されました。

突然のパイプの亀裂、ピンホールからの流体噴出、これらをプラントの稼働を停止することなく約10分の時間で緊急補修。次のメンテナンス時までの、プラント連続稼働維持を図ることができます。

コンポジット補修工法

コンポジット補修工法

 

オイル、ガス、水といった多様な配管を、ASME PPC-2とISO 24.817に適合する工法で補修します。

当コンポジット補修工法は、腐食やへこみ、溶接不良などのダメージを受けた配管を補修する工法です。

RollerKit(ローラーキット)

RollerKit(ローラーキット)

 


 

ReflanbeKit(リフランジキット)

ReflanbeKit(リフランジキット)

 

フランス電力公社EDFとの共同開発製品。SF6絶縁開閉器のフランジ部からの漏れを封止します。

ReinforceKit Beam(リインフォースキット ビーム)

ReinforceKit Beam(リインフォースキット ビーム)

 

腐食が進んだ支柱の地際の強度回復させる製品です。支柱の個別の形状に応じた強度解析/設計し、最大80%までの腐食減肉に対応します。フランス国有鉄道SNCFと共同で開発し、架線柱で1,000本を越える施工実績が有ります。

TanKit(タンキット)&ReinforceKit Patch(リインフォースキットパッチ)

 

貯蔵タンクの緊急補修にTanKit(タンキット)。
恒久補修にはReinforceKit Patch(リインフォースキットパッチ)。