×

3X Engineering社の製品

配管支持部の腐食対策 ROLLERKIT(ローラーキット)

Corrosion Under Support (CUS)対策に

特長

 

お問い合わせ

よくあるご質問

Q: 性能範囲はどのくらいですか?

-30℃〜+ 150℃(-22°F〜+ 302°F)

 

Q: どこに設置できますか?

配管とその支持部の両方に取り付けることができます。

腐食のレベルに応じ、表面腐食の場合は直接配管に、重度の腐食の場合はコンポジット補修後に適用します。

4インチから56インチまでの陸上、海上または海底にある配管直径に取り付け可能です。

 

Q: 素地調整は必要ですか?

必要です。Sa2.5、最小粗さは60μmが必要です。

 

Q: 1箇所の補修につきパッドは何枚必要?

1つのキットには86枚のパッドが付属します。配管径に応じて17〜28箇所の修理が可能です。

 

Q: なぜ配管支持部で腐食が発生するのですか?

配管と支持部との間の亀裂・隙間に水が溜まります。水が溜ま理、とどまることで腐食を引き起こします。

 

Q: 材質は? どのように機能する?

ガラス繊維織物とエポキシ樹脂に熱溶着されたテクノポリマーPPSパッドで作られています。

パッドは配管の重量を支えるように設計されています。RollerKitは、樹脂とともに配管または配管支持部に貼り付けられ、腐食を止めます。

 

Q: 製品寿命は?

製品寿命は約20年です。種々の条件によって製品寿命はかわります。

 

ファイルダウンロード


その他の製品

高圧配管の漏れ止め StopKit(ストップキット)

オイル、ガス、水といった多様な配管の緊急の漏れ止め、噴出止め、気密補修用途に開発されました。

突然のパイプの亀裂、ピンホールからの流体噴出、これらをプラントの稼働を停止することなく約10分の時間で緊急補修。次のメンテナンス時までの、プラント連続稼働維持を図ることができます。

コンポジット補修工法

オイル、ガス、水といった多様な配管を、ASME PPC-2とISO 24.817に適合する工法で補修します。

当コンポジット補修工法は、腐食やへこみ、溶接不良などのダメージを受けた配管を補修する工法です。

RollerKit(ローラーキット)

配管支持部の配管及びサポートの腐食を防止します。Corrosion Under Support (CUS)対策に。

ReflanbeKit(リフランジキット)

フランス電力公社EDFとの共同開発製品。SF6絶縁開閉器のフランジ部からの漏れを封止します。

ReinforceKit Beam(リインフォースキット ビーム)

腐食が進んだ支柱の地際の強度回復させる製品です。支柱の個別の形状に応じた強度解析/設計し、最大80%までの腐食減肉に対応します。フランス国有鉄道SNCFと共同で開発し、架線柱で1,000本を越える施工実績が有ります。

TanKit(タンキット)&ReinforceKit Patch(リインフォースキットパッチ)

貯蔵タンクの緊急補修にTanKit(タンキット)。恒久補修にはReinforceKit Patch(リインフォースキットパッチ)。