貯蔵タンクの緊急補修と恒久補修に

TanKit & ReinforceKit Patch  (タンキット&リインフォースキットパッチ)

緊急時の貯蔵タンクの補修に

TanKit(タンキット)

 

 

 

 

解決する課題

ダメージを受けた貯蔵タンクを緊急で補修する必要がある場合

 

 

 

特長

  • 使用場所:陸上、海上

  • 用途:貯蔵タンクの補修。ほとんどの流体やガスに対応

  • 温度範囲:+10~+50℃

  • タンク直径:最大20m

  • 損傷サイズ:最大100mm

  • 許容圧力:タンクの直径と損傷の大きさによる。

       例1 穴径100mmでタンク直径10mの場合、2.2bar(0.22MPa)まで。

       例2 穴径100mmでタンク直径20mの場合、1.8bar(0.18MPa)まで。

 

 

施工方法

 

 

ダウンロード

TanKitカタログ PDFファイル ダウンロード

3X Engineering社製品 全カタログ PDFファイル ダウンロード

 

 

 


 

 貯蔵タンクの恒久補修(設計寿命20年)に

ReinforceKit Patch(リインフォースキット パッチ)

 

 

 

解決する課題

ダメージを受けた貯蔵タンクの本補修。設計寿命20年。

 

 

 

特長

  • 用途:貯蔵タンクの恒久補修(外部腐食の場合、設計寿命20年)
  • 使用場所:陸上、海上

  • 対応する物質:ほとんどの流体やガスに対応。

  • 温度範囲:-50~+150℃

  • タンク直径:制限なし

  • 損傷サイズ:制限なし

  • 許容圧力:制限なし

  • ISO 24.817とASME PCC-2に適合
  • Kevlarパッチとエポキシ樹脂を使用し補修。パッチの寸法および樹脂の量は、損傷に応じて変わります。

 

 

施工方法

 

 

 

ダウンロード

ReinforceKit Patchカタログ PDFファイル ダウンロード

3X Engineering社製品 全カタログ PDFファイル ダウンロード

 

 

 


 


 

よくある質問

 

Q: どのようなタンクの補修ができますか?

TanKitは、直径20m以下のさまざまなタンクを補修できます。
ReinforceKit Patchは、すべてのタンクのデザインとサイズに適用されます(形状や大きさに制限なし)。
どちらも、一般的な流体やガスに対応しています。

 

Q: どのような規格に適合していますか?

TanKitは、規格に準拠していませんが、3X Engineering社の研究開発チームがテストを行っています。
ReinforceKit Patchは、ISO / TS 24.817 と ASMEE PCC-2 に準拠します。

 

Q:それぞれの特長は?

TanKit

  • すぐに施工可能
  • 溶接不要
  • 素早く施工できる
  • 保管しやすい

ReinforceKit  Patch

  • タンクの形状、大きさに制限なし
  • 補修範囲の制限なし
  • 圧力の制限なし
  • 高温にも対応(最高150℃)
  • 恒久補修/本補修で設計寿命20年(外部腐食に対して)

 

Q: それぞれの製品の構成要素は?

TanKitは、すぐに使用できるキットでの販売。キットには鋼板、充填材、樹脂、ケブラーパッチ、カバープレート等が含まれます

ReinforceKit Patchは、補修対象に合わせて設計されるため、TanKitのようにキットでの販売ではありません。パッチの寸法および枚数、樹脂の量は補修対象によって変わります。

 

Q: TanKitとReinforceKitの技術的な違いは?

 TanKitReinforceKit Patch
温度+10~+50℃-50~-150℃
最大タンク径20m制限なし
最大補修可能範囲100mm制限なし
最大圧力タンクと補修範囲による制限なし
寿命応急補修恒久補修/本補修(外部腐食に対して設計寿命20年)

 


 

その他の製品

StopKit(ストップキット)

StopKit(ストップキット)

 

オイル、ガス、水といった多様な配管の緊急時の漏れ止め、噴出止め、気密補修用途に開発されました。

突然のパイプの亀裂、ピンホールからの流体噴出、これらをプラントの稼働を停止することなく約10分の時間で緊急補修。次のメンテナンス時までの、プラント連続稼働維持を図ることができます。

コンポジット補修工法

コンポジット補修工法

 

オイル、ガス、水といった多様な配管を、ASME PPC-2とISO 24.817に適合する工法で補修します。

当コンポジット補修工法は、腐食やへこみ、溶接不良などのダメージを受けた配管を補修する工法です。

RollerKit(ローラーキット)

RollerKit(ローラーキット)

 

配管支持部の配管及びサポートの腐食を防止します。Corrosion Under Support (CUS)対策に。

ReflanbeKit(リフランジキット)

ReflanbeKit(リフランジキット)

 

フランス電力公社EDFとの共同開発製品。SF6絶縁開閉器のフランジ部からの漏れを封止します。

ReinforceKit Beam(リインフォースキット ビーム)

ReinforceKit Beam(リインフォースキット ビーム)

 

腐食が進んだ支柱の地際の強度回復させる製品です。支柱の個別の形状に応じた強度解析/設計し、最大80%までの腐食減肉に対応します。フランス国有鉄道SNCFと共同で開発し、架線柱で1,000本を越える施工実績が有ります。

TanKit(タンキット)&ReinforceKit Patch(リインフォースキットパッチ)

 

貯蔵タンクの緊急補修にTanKit(タンキット)。
恒久補修にはReinforceKit Patch(リインフォースキットパッチ)。