×

導入事例

外資系半導体サプライヤ企業様

外資系半導体サプライヤ企業における閉所作業と救助活動のため
米国の厳しい基準に適応したワンランク上の安全システム

*

Company Profile

外資系サプライヤ企業

設立:1968年5月

事業内容:半導体の製造、販売

導入製品:タンク・マンホール救助システム

T.I.Trading タンク・マンホール救助システム

導入前の
課題

  • タンク内への入退室のため緊急時の危険性があった
  • 本社米国レベルに適応する安全基準の必要性
  • ロープシステムの設置が困難な場所での安全対策

導入後の
効果

  • 縄梯子などで行っていたタンク内への入退室を改善
  • 新システム導入により、閉所での安全な作業が可能に
  • 緊急時でも、容易かつ効果的な救助を実現

導入事例<タンク・マンホール救助システム>

閉所エリアで万一の墜落防止や緊急時の救助に対応 T.I.Trading のロープシステムで作業の安全対策と救助活動を実現広範囲での高所作業の安全性と作業性を両立。

外資系半導体サプライヤ企業で、工場内原動エリアの純水設備・排水処理設備という安全設備が設置困難な場 所における、落下防止および緊急時の救助に対応した安全対策システムの導入。 求めたのは、日本国内より厳しい基準である本社米国レベルのクオリティであること。
選ばれたのが T.I.Trading の<タンク・マンホール救助システム>。現場に適応したロープシステムで、閉所 作業や救助活動において、より容易で効果的な業務を実現。

選定のポイント

point1 本社米国基準に適合した安全性

国内基準を超えた、米国レベルの基準が必要。 酸素欠乏危険場所を含む閉所 (Confined Space) で作業を 行う際の安全対策、緊急時の救助体制であること。

*

point2 設置困難な場所で効果的な救助システム

閉所という限られたスペースで効果的・効率的な安全システ ムであること。 作業の安全性と救助の際の活動がスムーズに行えること。

*

point3 米国本社の安全担当による製品選定

米国では、基準に適応した安全機器が容易に入手できるが、 日本国内で、高いレベルの機器による安全システムの導入が 可能か。

*

T.I.Trading のご提案

高い基準の機器を採用した、安全な閉所作業と救助システム

酸素欠乏危険場所を含む閉所 (Confined Space) での作業に対応した安全対策、 かつ緊急時の救助活動に適応したシステム。 米国の安全対策の要求を満たす機材による、万全の作業環境を提案。

お客様の声

目指したのは、国内基準を超えた安全対策

[ 導入企業ご担当者 様]

当社は、半導体の製造・販売を行う外資系サプライヤで、米国本社の 企業です。
米国では、酸素欠乏危険場所を含む閉所 (Confined Space) で作業 を行う際において、安全対策や緊急時の救助体制の準備など非常に細 かい取り決めがあります。そのため、米国内ではその厳しい基準や要 求を満たす安全対策機器が数多く販売されています。

今回の安全対策システム導入においては、本社の安全担当者より米国 基準の製品情報を受け、日本国内では T.I.Trading での取り扱いを知り、機器の選定を依頼しました。

タンク・マンホール救助システム Davit Arm

タンク・マンホール救助システム Davit Arm

容易かつ効果的なロープシステムで、安全性と作業効率性を両立

導入前は、タンク内に縄梯子などで入退室するなど、米国本社が要求するレベルの墜落防止や緊急時の救助体制を整えるこ とが困難でした。

<タンク・マンホール救助システム>導入後は、作業担当者からは、「より高度な安全対策、緊急時の救助体制のもとでの 作業が可能になった」と報告を受けています。一方、救助チームメンバーからは、「容易かつ効果的にロープシステムを設 置することができるようになった」と、安全性と作業効率性の相乗効果をもたらしています。

今後は、工場内に存在する他の閉所エリアにおいても、より作業の危険リスクを低減するために、「安全を最優先をする」 という社内方針のもと、米国本社と連携し、より効果的な安全対策を継続的に進めていく予定です。

導入製品


タンクやマンホールへの墜落・転落防止と救助用 Davit Arm(デビットアーム)

タンクやマンホールなどの閉所への入孔時に、「転落防止」や「救助」用途に使用します。 Davit=つり柱(デビット)を、現場の状況に合わせて設置できるようなアイテムを取り揃えています。
Davit には、安全ブロック(巻上げ機能付)とウィンチを取付けることが出来ます。

【特徴】

*