×

墜落防止用商品

フルハーネス型墜落制止用器具の正しい使い方と着用方法

フルハーネス型墜落制止用器具の正しい使い方と着用方法について説明します。

フルハーネスは、正しく使用することで、製品が本来持つ性能を発揮します。

また、使用前・定期点検を正しく行うなど、日頃からのメンテナンスも不可欠です。
万が一の災害に備えて、ぜひ知っておいてください。

※ ここでは一般的なフルハーネスの使い方や着用法について説明しています。製品によって使用方法や着用方法が異なる場合があります。詳細は製品の取扱説明書をご参照ください。

1)使用前に行うこと

  1. 作業を始める前に、リスクアセスメント(注)を実施します。
  2. フルハーネス型墜落制止用器具の状態を点検します。使用前点検は、必ず各製品の取扱説明書をご確認のうえ行ってください。

注)リスクアセスメントとは、リスク特定、リスク分析、リスク評価の3つのステップで職場にひそむ危険性や有害性を発見し、これらを除去、低減するためのプロセスです。労働安全衛生法第28条の2により、努力義務化されています。

参考URL:中央労働災害防止協会

2)正しい着用方法


ステップ1

フルハーネス型墜落制止用器具を着用する前に、ベルトがねじれていないことを確認します。

ステップ2

片側の腕を通します。この時、ベルトがねじれていない状態で肩にのっていることを確認。その後、もう一方の肩にハーネスを通します。

ステップ3

太もものにハーネスを通してバックルを接続します。

ステップ4

胸のバックルを接続します。

ステップ5

各ベルトが身体にフィットするように長さを調節します。

3)D環の使用

D環は、目的や用途によって使用する箇所が異なります。

墜落防止目的でフルハーネス型墜落制止用器具を使用する場合は、背上部のD環を使用。昇降用には、胸部のD環。ポジショニング又は移動範囲を限定するためには、腰側面又は背下部のD環。救助用には背中又は胸のD環を使用します。

4)接続

フルハーネス型墜落制止用器具を安全ブロックやランヤード等の墜落防止器具と接続します。

注)墜落防止用器具は同一メーカーで同一形式のものを接続(組み合わせ)します。メーカーや形式が異なる墜落防止器具と接続した場合、必要な強度や機能が発揮されない可能性があります。

5)使用後

使用後は下記の点に注意し保管してください。

汚れた場合:乾いた布や水分を含ませた布、刺激の少ない洗剤、あるいは水で汚れを落とします。

上記以外の場合:直射日光を避け、出来るだけ涼しく乾燥した場所に保管します。

<墜落発生後の注意点>

万が一墜落が発生した場合は、作業員を救助後、墜落制止用器具を取り外して使用を中止します。

注)一度でも墜落の衝撃を受けた墜落制止用器具は、通常の強度を損なって可能性があります。

<異常時>

点検の結果、フルハーネス型安全帯に何らかの不具合が発生している場合、フルハーネス型安全帯の使用を中止します。

[墜落制止用器具の使用前点検リスト]

注)下記点検内容は、一般的なものであり、詳細は製品の取扱説明書をご確認ください。

<使用時に特に注意を必要とする環境>

<フルハーネス型墜落制止用器具について>

弊社で取り扱いをしているフルハーネス型墜落制止用器具は、墜落防止に特化した世界最大メーカーの製品です。 製品には以下の特徴があります。

弊社のフルハーネス型墜落制止用器具はこちらです。

関連記事

 

タンク・マンホール 救助器具 三脚セット

常設墜落防止システム 垂直用 Lad-Saf

はしご昇降補助システム

フルハーネス型 安全帯

ランヤード

常設墜落防止システム 水平用 Uni-8

ロールグリスR550