×

QA
*

資料ダウンロード

墜落防止ガイドブック

【ファイルタイプ】PDF:5.2MB

*1. 作業事故の危険性

労働安全衛生とは、就労環境において全ての労働者が、安全・保険・豊かさを守ることを目的とする分野です。全ての組織は従業員および関係者に対して、常に安全性を確保する義務があります。

*2. 墜落防止用品とは

労働災害の防止に関して、現場では日々の安全管理が義務付けられています。墜落防止用品に関する正しい使用・管理は、災害を防ぐための重要な課題です。

*3. 墜落事故対策を考える

「安衛法」「安衛則」は、労働者災害を防ぐための法令・規則です。新しく改訂された項目や死傷災害につながりやすい墜落事故防止関連についてまとめています。

*4. 墜落防止とレスキュー

墜落や転落災害の防止策には、「災害の可能性を減らす」ことが第一に挙げられます。具体的には、安全器具による落下防御措置、さらに迅速に救助できるシステムが不可欠です。

*5. 安全器具の評価と選び方

墜落・転落事故が企業に与える影響は、被災者や所属する組織だけでなく、顧客や社会への信頼など、幅広い損失につながります。安全対策については、企業の最優先課題といえます。

*6. 安全に使用するための注意点

安全器具は、正しく使用することで製品が本来持つ性能を発揮します。また、定期的な点検と廃棄基準を確認するなど、日常のメンテナンスも不可欠です。

製品情報