常設用 墜落防止垂直親綱 VLL

提供する価値「梯子からの墜落・転落」

当システムは、米国規格に適合(日本では規格自体が未整備)しており、信頼性の非常に高い製品です。

国内では大手工場や高速道路をはじめ、多数の実績があります。
何よりも大切な人を守るために、VLLの導入をご検討下さい。

常設用 墜落防止 垂直親綱システム VLLとは

常設用 墜落防止垂直親綱システムVLLは、工場内など工場内の建屋の梯子、工場内のタンクの梯子、リフト・ケーブルカーの支柱の梯子などにワイヤーケーブルを常設し、ケーブル上をスライドするケーブルスリーブを梯子を昇降する作業者のハーネスに接続し、作業者の墜落事故を防止するシステムです。

ケーブルスリーブは通常の昇降では滑らかにケーブル上をスライドしますが、墜落発生時はロック機能が働き作業者の墜落距離を1m以内に抑えて墜落の衝撃を最小限にとどめ、作業者の安全を確保します。

国内の垂直梯子・タラップで、作業者を墜落事故から守るために広く使われております。

VLLの紹介動画

特徴

  • 米国の墜落防止の規格(ANSI Z359.16)に適合(日本では規格自体が未整備)
  • 背かご付はしごやレール式墜落防止システムの数分の一のコスト
  • 最大10年以上の製品寿命
  • 過酷な環境下でも使用可能
  • 墜落時の墜落距離を1m以内に抑えます
  • 既設の猿梯子に取付けられる
  • トップブラケットにショックアブソーバー内蔵し、使用者とハシゴへの衝撃を緩和

用途

  • 工場内の建屋の梯子
  • 工場内のタンクの梯子
  • リフト・ケーブルカーの支柱の梯子
  • 風力発電所の風車内の梯子
  • ビルの屋外梯子
  • 送電・無線鉄塔の梯子
  • 煙突の梯子
  • 橋梁の梯子
  • 軌道の梯子

選ばれる理由

以下の理由で弊社の商品は選ばれています。

  1.  墜落時に違いが分かる高い安全性
    はしご作業の安全対策には、背かごもありますが、背かごよりも安全性が高いのが弊社の墜落防止システムです。
    弊社の商品は、墜落距離が短く、墜落時の衝撃を大きく減らすことができるため、作業員の安全性を確保できます。
  2.  価格
    はしご作業の安全対策には、背かごだけでなく、レールシステムなどもあります。
    弊社の墜落防止システムは、それらより安く設置でき、安全性を確保できます。
  3.  信頼性(米国規格に適合)
    米国の規格に適合(日本では規格自体が未整備)。

納入実績(日本のみ)

  • 工場内の建屋の梯子
  • 工場内のタンクの梯子
  • スキー場のリフトの支柱の梯子
  • 風力発電所の風車内の梯子
  • ビルの屋外梯子

企業例(許可を得ている企業のみ実名で記載)

  • 三菱ガス化学株式会社
  • 中央アルプス観光株式会社 駒ヶ岳ロープウェイ
  • 東証一部上場企業:自動車メーカー
  • 東証一部上場企業:産業用真空装置の開発、製造、販売
  • 東証一部上場企業:総合建設会社
  • 東証一部上場企業:自動車部分品の開発、製造、販売
  • 東証一部上場企業:石油元売
  • 東証一部上場企業:化学メーカー
  • 東証一部上場企業:大手製紙メーカー
  • 東証一部上場企業:自動車部品メーカー
  • 東証一部上場企業:通信事業大手
  • 非上場企業:風力発電所
  • 非上場企業:樹脂・化成品メーカー
  • 非上場企業:紙加工。大手製紙メーカーのグループ会社
  • 非上場企業:新潟県のスキー場
  • 非上場企業:冷蔵倉庫
  • ニューヨーク証券取引所上場企業:鋼管の開発、製造、販売

仕様

最大ケーブル長さ 120m
同時使用可能人数 1~2人
適合規格 ANSI、OSHA

墜落防止用商品・墜落制止用器具の導入を
ご検討、お悩みの方

まずはお気軽に
お問い合わせください